佐賀県鳥栖市の建築設計事務所

設計・監理とは?

設計・監理業務とは?

設計者(監理者)は、施主(お客様)の要望を聞き、専門的な知識を持って設計を行い、
それを施主の代理として施工者(建設業者)に伝え、そのとおり施工されているか
確認・検査するのが仕事です。
みなさんは「そんなの当り前」「簡単な仕事」と思われるでしょう。
しかし、この「当たり前」の事が出来なくて欠陥建築や構造計算偽造問題など後を絶ちません。
(当たり前の事をするのに非常に専門的な知識が必要です)

建築基準法 第1条
この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。

この最低の基準を満たせず、国民の生命、健康、財産を脅かされていることは非常に残念な
ことです。
欠陥建築は利益優先の考え方と焦りが造ります。
どんなに力のある施工者でも利益優先のために手抜きを行ったり、焦っていれば起こりえます。

だから、設計・施工ではなく施主に変わり専門的な知識のある設計者による設計・工事監理が必要なのです。

設計= お客様の要望が反映され、オリジナルの建築を造り、関連法規に適合しているか確認
監理= 各種工事が、仕様規定に沿って品質を保ちながら設計図通り施工されているか確認

オーダーメードの建物を造っているのですから建築だけではなく、設備・ランドスケープデザイン
(外構・植栽)・インテリアデザインに至るまで全ての工事の設計・工事監理を行います。

私共はお客様より信頼を得て、大切な資金で建築のお手伝いをさせて頂いております。
お客様の良きパートナーとしてお付き合いさせて頂ければ幸いです。

お気軽にご相談下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional